09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

第9回【きそば みかど(函館駅)】

2011.05.24 (Tue)

 おばちゃんは京マチ子似で嘆き節

今回のタチソバージュ 天玉さん&鴨さん(取材日:平成23年5月15日)

----------------------------------------------------------------------------

店頭

鴨  「調査のためではあるけれど、わざわざ160円の入場券を買って、立ちそば屋を訪ねるってのも、なんか、あれですね」

天玉 「しゃーないじゃ、あーりませんか。だって5・6番線のプラットホームにあるんだもん。さあ、入りましょうか」

鴨  「列車が入ってないせいか、人気がありませんなあ。以前の駅舎のころは青函連絡船に乗るためにみんなよーく走ってましたけどねえ」

――てなことをブツブツ言いながら、立ちそば「みかど」にたどりつく

天玉 「函館といえばイカと来て、あたしゃ、“いか天そば”と行ってみよう!」

いか天

鴨  「じゃあ、わたくし、“鰊そば”にするかな。あれ、正確には“鰊みがきそば”っていうのか。おばちゃん、それ、1丁ね。でも、観光客がなんだか少ない感じがするけどね」

おばちゃん  「震災以降、観光客はパタッといなくなったね。駅舎は新しくなったけど、青函連絡船があった時代が懐かしいねえ。早く観光客がどっと来て欲しいけどね。うちは値段だって他よりは安くしているしさ」

お母さん

にしん

鴨  「この“鰊みがきそば”、じっくり煮込んだ甘塩っぱい鰊の味がつゆに滲み出ていて、はるばる来たぜぃハ~コダテェ!という感じですな」

天玉 「いか天は、もうちとやわらかいほうが、あたしゃ好きだけど。もしかすると、いか天と立ちそばって、なかなか難しい組み合わせなのかしれないね。注文が来たらその場で揚げたてというのも、スピーディにはいかないだろうしなあ」

――で、二人は旅情を味わうために、線路を眺めながら食べることに

鴨  「かつて鉄道のホームって旅情そのものだったけど、函館駅って旅情もなんか乾いた感じですね。ふらんすに行きたしと思へど ふらんすはあまりに遠し せめては暖かき立ちそばを喰らひて 気ままなる旅に出でてみん――」

天玉 「うーむ、そうかねえ」

鴨  「というよりも、ほんとのことを言うと、今朝、ホテルで朝7時半に和食バイキングを食べて、9時には函館駅で入場券を買って、ホームで立ちそばを食べている。この理不尽なスケジュールに問題がある、とわたくしなんか思ってますけどね」

天玉 「うーむ、震災以降、立ちそば屋さんも、被災された方も、私たちも大変な時代を生きているということなんだよ、キミィ!」

鴨  「???????」

【お品書き】
●かけ250円●えび天400円●いか天350円●月見300円●きつね300円●鰊みがき400円●玉子50円●おにぎり(鮭・うめ)100円●いなり寿し120円■営業時間:一番列車~午後2時30分/定休日なし

函館駅




スポンサーサイト
01:10  |  未分類  |  Trackback(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://menmenroku.blog22.fc2.com/tb.php/22-ede4903f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。