02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

第4回【かまだ屋西11丁目店(岩見沢市2‐西11 )】

2011.03.12 (Sat)

 春まだきアラカルト蕎麦こりゃアララ!

今回のタチソバージュ 天玉さん&鴨さん(取材日:平成23年3月11日)

----------------------------------------------------------------------------

店頭

鴨  「食べる前に話しておけば、ここには立って食べるカウンターがなくて、普通に椅子に腰かけるスタイルなんだけど、これを“立ち喰い蕎麦”と呼んでいいものか、という問題なんだけど。激論百分、われわれは“立って食べるのにふさわしい味の蕎麦”というテーゼを掲げて、旅をつづけることにしたんだけどさ」

天玉 「まあ、いいんじゃない。だれも文句は言わないってば。で、このかまだ屋、ここが西11丁目店、ほかに大和店(大和1‐7)、志文店(志文314‐6)、6条店(5条東2)、東店(5‐東7)の5店舗を岩見沢で展開するチェーン店なんだよね。親元がかまだ屋という製粉会社。立ち蕎麦でチェーン展開って、北海道では珍しいわ」

鴨  「おばちゃんに話を聞くと、もう30年以上やっているんだ。オレが“製粉会社のほうじゃなくて”って言ったら、“立ち蕎麦屋のほうもそうなんです”って言うんだけど。たしかに客筋を見ていると、地元にしっかり根を下ろしているという印象だ。かつては7店舗あったんだって」

天玉 「そうそう、2店舗減ったのは、店の前に広い駐車スペースを取れなくなったからと言ってたね」

鴨  「じゃあ、オレは王道の天ぷらそばにすっか――オバちゃん!じゃなかった。ここは食券を自販機で買うんだったね」

かま天麩羅

天玉 「アタクシ、ラーメンを頼んでいい」

ラーメン

鴨  「エエエッ!蕎麦じゃないの?いろいろ問題の噴出する日だ」

天玉 「なんかラーメン気分なの。いいんじゃない。だれも文句は言わないってば。それとカレーライスにしよっと」

――少々気まずい雰囲気が漂うなか、二人は黙々と食べ終える

鴨  「邪道のラーメンどうだったかね?」

天玉 「うーむ、スープがちょっともやしに負けてる感じかなあ。学食風というか。天ぷらそばのほうは?」」

鴨  「合格点だと思うよ。太めの麺と濃いめの汁、天ぷらはカウンターの中で揚げている。具材は入ってないけどね。まあ、立ち蕎麦のトラッドにのっとっているね。これに生玉子を注文して、天玉にするのがベストチョイスかもね。ほら、あの貼り紙、“防腐剤、添加物を使っていない自家製面です”だって」

天玉 「で、カレーライスだけど。ちょっと話すと、“かまだ屋”の値段は“かけ”250円が基本メニューで、あとは上に乗せる具材、天ぷら・きつね・たぬき・カレー・月見(玉子)がみーんなアラカルトで40円。ライスもあるので、合わせて140円でカレーライスが食べられる。カレーに具材は入ってないけど、それなりのボリュームはいいんじゃないかね」

カレー

鴨  「そうすると、ライスと玉子を注文して、玉子かけごはんもできるのかねえ。でも、あれだね、岩見沢で5店舗展開していることは断固支持したいね」

値書き

天玉 「ほら、料金表の横、“一万円札、多量な一円玉、五円玉の使用はご遠慮願います”ってあるよ」

天玉 「まあ、立ちそば屋に一万円札は似合わないわな」


【お品書き】
●かけ250円●天ぷら、きつね、たぬき、カレー、月見290円●ラーメン(醤油・味噌)330円●ライス100円●生玉子40円■午前8時~午後7時30分/水曜定休

スポンサーサイト
12:21  |  未分類  |  Trackback(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。